ldlコレステロール値を低下させて健康を守りましょう。

危険な食品

美肌

ldlコレステロールを減らすためには、食事に気をつける必要があります。油っこい食事を日常的に摂ることで血中のコレステロールが増加します。揚げ物や肉の脂身、ラーメンやカレーといった食品は危険性が高いです。

サプリメント

笑顔の女性

血中のldlコレステロールを溶解する作用をする成分があります。DHAやEPAといった成分です。青魚に含まれるこれらの成分はオメガ3脂肪酸と呼ばれ、血液をサラサラにする効果があります。サプリメントなどで摂取することが出来ます。

血中のコレステロール

健康的な人

近年、日本では欧米の肉が中心である食文化が浸透しています。調味料もバターやマーガリンなどをふんだんに使ったものが多く、脂肪分を摂取することが多くなっています。
脂肪分を過剰に摂取することで健康にとって様々な悪影響を及ぼします。その中の一つが、血管内を流れる血液中にコレステロールが多くなってしまうということです。
コレステロールには大きく分けて二つのコレステロールがあります。Hdlコレステロールと、ldlコレステロールの二種類です。
体の健康に悪影響を及ぼすコレステロールがldlコレステロールです。体に悪影響を及ぼすことから悪玉コレステロールと呼ばれています。
血液中にldlコレステロールが増えると、血管壁にldlコレステロールが付着してしまいます。付着したldlコレステロールは、やがて堅くなっていき動脈硬化を招きます。

動脈硬化になり血管がしなやかさを失うと、血液を全身に循環させる効率が悪くなります。そのため心臓に大きな負担がかかるようになってしまいます。
また、堅くなった血管壁は血流によって剥がれてしまうことがあり、剥がれた血管壁は血液内に流されます。血管壁が血管に詰まってしまうと、死に至ることもあります。
肺に詰まると肺血栓塞栓症、脳に詰まると脳梗塞といった病気になり、死に至る危険性があります。
血中のldlコレステロールを減らすことが健康にとって非常に大切になります。Hdlコレステロールは、悪玉コレステロールを回収して肝臓に運搬し分解を促すといった良い働きをするため善玉コレステロールと呼ばれています。

検査を行なう

細いウエスト

ldlコレステロールによる健康被害がないか検査を行うことで自分の状態を把握することができます。病院で血液検査を受けることができます。時間がない方は、自宅で検査ができるキットもありますので活用しましょう。

運動を行う

運動

運動を行うことでldlコレステロールを消費して、高脂血症や動脈硬化などの症状を解消することが出来ます。激しい運動ではなく、ゆるやかな運動を長時間行うことを心がけましょう。1日30分ほどの運動が理想的です。